モバイルバッテリー世界最小最軽量!AnkerPowerCore10000レビュー

公開日: : 最終更新日:2016/07/13 battery

2016-02-26 00.49.39

ANKER
ハマコーさん。これ小さいっすよ。マジで。モバブおじさんのあなたもきっと気に入るはず
no name
(モバブおじさんって、誰やねん・・・)

というわけで、安定のAnker社より、世界最小最軽量をウリにしたモバイルバッテリーの提供をうけました。

モバブーには一家言あると勝手に思っているハマコー、なんぼのもんじゃいとレビューする次第です。レビューしました。いや、この容量でこの小ささは凄い。

スポンサーリンク

 

Anker PowerCore 10000の製品仕様の紹介

いつもの流れで、Amazon製品ページから、製品仕様を引用。

PowerCore 10000
世界最小・最軽量の大容量モバイルバッテリー

-Amazon.co.jp: Anker PowerCore 10000 (10000mAh 世界最小最軽量* 大容量モバイルバッテリー パナソニックセル搭載)より引用

こういう、「世界最小・最軽量」とか言い切るのって景品表示法的に大丈夫なんかなぁとか、いらん心配をしたくなるけれど、その意気や良し!凄い自信やで。

ちなみに、容量10000mAhというと、iPadAirに約1回、Galaxy S6に約2回半、iPhone6sに約4回充電できる容量です。

 

フルスピード充電技術
Anker独自技術PowerIQとVoltageBoostによりフルスピード充電が可能です。(最大2.4A)

-Amazon.co.jp: Anker PowerCore 10000 (10000mAh 世界最小最軽量* 大容量モバイルバッテリー パナソニックセル搭載)より引用

AnkerのPowerIQとVoltageBoostは、お家芸ですね。単純に言うと「過充電防止」と「充電スピードの最適化」技術が素晴らしいとの事。ここらへんはたいてい他社のモバイルバッテリーでも、似たような機能は搭載されているので、差別化要素としてわかりにくくなっている感はあります。

が、Ankerはこういった充電機器についての品質には、かなり信頼がおけるメーカーだと言えます。

出力仕様は、最大2.4Aということで、iPadも含めてらくらく充電できます。

ちなみに、この製品は、QuickCharge2.0には対応していないので注意。もし、QuickCharge2.0対応のモバイルバッテリーを探しているのであれば、同じAnker社の「Anker PowerCore+ 10050」が候補となります。記事最後に、別途レビュー記事を紹介します。

 

外観の紹介

外観を紹介していきます。まずは梱包箱。Ankerの箱は、いつみてもすっきり爽やかで、凛とした清潔感があって好きです。ただの段ボールだけれど。

2016-02-26 00.40.15

 

開けてみたところ。PowerIQや、VoltageBoostなどのAnker独自技術のアピールが顔を覗かせます。ここらへんは、独自技術として商標とってるんでしょうね。

2016-02-26 00.41.37

 

内容物一式。本体とUSBケーブルの他に、ポーチもついてきます。この心配りが素敵。

2016-02-26 00.42.58

 モバイルバッテリーの使用用途として、かばんの中でスマフォを充電しっぱなしにすることも多いけれど、その時、スマホとのムダな衝突を避けるためにもこういったポーチがあるのは非常に使いやすい。

こういった、利用シーンを想定した小物がついてくるあたり、老舗の貫禄を感じます。

 

大きさ比較として、iPhone6と並べてみたところ。世界最小というだけあって、さすがに小さい。

2016-02-26 00.47.53

 

実際に手に持ってみた感じも、モバイルバッテリー独特のゴツさはあまり感じないですね。すっぽり手のひらに収まるサイズ。

2016-02-26 00.49.39

 

厚さは逆にされなりにあります。iPhone6とくらべて約3倍程度。

2016-03-03 00.59.52

 

充電性能をためすため、 Nexus6を充電して、電圧電流を測定。電圧は通常5Vなのでおいといて、電流。電流もスマホ側の残容量によってかなり変わりますが、1.38Aでてれば十分な性能です。

2016-03-02 23.38.44

 

全体的な質感もよく、コンパクトサイズで必要十分な性能を発揮しているのが、おわかりいただけたかと思います。

 

サイズとコスパを他のモバイルバッテリーと比較してみた

ここまでの情報だけだと決め手に欠け、( ´_ゝ`)フーンといったところですが、ハマコーは自称モバイルバッテリーマニア。【容量別比較】2016年最新おすすめモバイルバッテリー5選という記事も書いてます。

なので、この5選とくらべてみないと、この製品の真価はわかりません。ということで、スペックを比較してみました。

 

下が、今回レビューしている、「AnkerPowerCore 10000」の主なスペック。

製品名バッテリー容量
(mAh)
価格重量(g)コスパ
バッテリー容量/円
携帯性
バッテリー容量/g
Anker PowerCore 10000 10000 ¥2,499 181 4.00 55.25

 

対して、上で紹介した記事にあがっているオススメ5選の中から、バッテリー容量が同じものがこちら。ガチの競合です。

製品名バッテリー容量
(mAh)
価格重量(g)コスパ
バッテリー容量/円
携帯性
バッテリー容量/g
EasyAcc PB10000CF 10000 ¥2,399 226 4.16 44.25

 

2016年3月2日時点の価格では、AnkerがEasyAccのものより100円高くなっています。現在、Ankerのこの製品は、発売セール中のため、この先値段が上る可能性があるけれど、現時点では価格面では大きく変わりません。

対して、重量は全然違います。EasyAccのものよりAnkerのほうが226g-181g = 45gも軽い、これはこのクラスの製品としては相当の差です。世界最小、最軽量という触れ込みはホントだった。

大きさを比べてみたのが、こちらの写真。左がEasyAccで、右がAnker。厚さはAnkerのほうがありますが、縦幅は圧倒的にAnkerのほうが小さいです。

2016-02-26 00.48.50

 

正直、10000mAhクラスのモバイルバッテリーでこれほどの小ささを実現しているとは、驚きです。こうやって比べてみると凄さがよく解りますね。

ただ、一点注意事項が。EasyAccのこの製品は、出力USBポートが2つありますが、Ankerのこの製品は、出力USBポートが1つしかありません。他の10000mAh級のモバイルバッテリーも、普通は出力ポートは2つついてます。Anker PowrCore 10000は、出力ポート数を削ってその分を携帯性に特化させた製品と言えます。

ここは、もう、選ぶ人の利用シーンによりますね。正直、どちらも良い製品だと思います。

選択方法としては、こんな感じですね。

・携帯性をなにより重視したい → Anker PowerCore 10000
・2台同時充電できる利便性を重視したい → EasyAcc PB10000CF 

もし、この2種で迷った方は、上記を参考に自分の利用シーンに照らしあわせて選んでいただければと思います。

 

高次元のバッテリー容量と携帯性を兼ね備えた次世代モバイルバッテリー

最近のモバイルバッテリーって、複数台充電できたり、ライトがついているものも多いんですよね。特に10000mAhクラスは、ほとんどそういう機能がついてます。

ただ、この製品は、ライトも搭載せず出力ポートも1つに制限。余分な機能を最小限に抑えながらも、モバイルバッテリーとしての基本性能をまったくおろそかにせず、容量と携帯性に特化させた素晴らしい製品と言えるでしょう。

この製品がオススメな人
・モバイルバッテリーはできるだけ小さくしたい
・容量は可能な限り大きく
・1度に充電できるのは1台で十分 

Ankerらしい、納得品質の製品と言えます。モバイルバッテリーを買い換えようと考えている人には、非常にオススメの一品ではないでしょうか。

2016年3月3日現在、オープニングセール価格ということで、2,499円となってます。この容量クラスでは、コスパもかなり良いので、気になる方はお早めに。

 

それでは、今日はこのへんで。ハマコー(@hamako9999)でした。

 

関連記事 

モバイルバッテリーの比較記事です。他の容量のものも気になる方は、是非一読を。比較ポイントも合わせて詳細に解説してます。

【容量別比較】2016年最新おすすめモバイルバッテリー5選


同じAnker社より発売されているQuickCharge2.0対応の上位互換機。もし対応製品を持っているなら、こちらも非常に有力な選択肢になるでしょう。「QuickCharge2.0ってなんやねん?」て方も、詳しく説明しているので、合わせてご参照ください。

超高品質!遂にモバイルバッテリーにQuickCharge入出力がついた「Anker Power Core+ 10050」レビュー


PC-記事下-サブ(Amazon)


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • 633
    follow us in feedly

ブログ主について

ハマコー(@hamako9999
hamako9999
ブログとtwitterはAndroid成分多め。WordPressやガジェット少々。たまに子育てやランニングが混ざります。お問い合わせはhamako9999.netについてよりお願いします。

関連記事

世界最小最軽量でQC3.0に対応の最先端モバイルバッテリー「Anker PowerCore Speed 10000」レビュー

普段からモバイルバッテリーには目がないハマコーだけど、そのジャンルでは最先端を行くAnker社から

記事を読む

渋くてオシャレで頑丈なVolutz社USB Type-Cケーブル「ARMORCORD」を試してみた

以前より愛用しているVolutz社より、USB Type-Cケーブルをご提供いただいたので、レビュ

記事を読む

20000mAhでは最強のコスパを誇るモバイルバッテリーPoweradd「PilotX7」

随分前からモバイルバッテリーおじさんを自称しているハマコーですが、今回Poweradd社ご担当より

記事を読む

Macノート3種をどこでも充電!Mac充電に最強のMAXOAK社36000mAhモバイルバッテリーレビュー

現状、MacBook、MacBookAir、MacBookProを充電するには最強のモバイルバッテ

記事を読む

10ポート中2ポートでQC3.0対応のAukeyPA-T8で10台同時充電やってみた

見ての通り、ちゃんと10台充電できました。QC3.0の動作も確認できました。 もう、なにも言うこと

記事を読む

MacBookProとスマホ4台を同時充電可能!MAXOAK 50000mAhモバイルバッテリーレビュー

MAXOAK社より、おそらくモバイルバッテリーの最終形態といっても差し支えないと思われる、えげつな

記事を読む

AukeyのQuickCharge3.0対応の次世代超急速充電器【PA-T15】レビュー

Aukey社より、QualcommのQuick Charge 3.0に対応した、次世代、超急速充電

記事を読む

ANKERの【防弾ケブラー2重編込高耐久ナイロン】Lightningケーブルが最高品質で最終兵器

ケーブルやバッテリーでは、もう存在感日本一では?と思うぐらいのブランドにのし上がった、ANKER社

記事を読む

SIMフリーで7800mAhと大容量な変態モバイルバッテリーWi-FiルーターMF855レビュー

「モバイルバッテリーWi-Fiルーター?なんのこっちゃ?」 モバイルバッテリーも、モバイルWi-F

記事を読む

万能から最強へ!Wi-FiルータMR04LNに5700mAh非純正バッテリーをつけてみた

万能ルーターと名高い「MR04LN」。自分も先日のAmazonタイムセール(参考:【24時間限定】

記事を読む

a8.net DMMmobile

adsense

ハマコー(@hamako9999
hamako9999

SIerでコンシューマ向けサービスの開発してます。ブログはAndroid成分多め。WordPressやガジェット少々。たまに子育てやランニングが混ざります。

お問い合わせはhamako9999.netについてよりお願いします。

PAGE TOP ↑