30半ばの自分が今でも全て脳内完全再生できる懐かしのゲームBGM9選

公開日: : 最終更新日:2016/03/30 lifelog

グアバさんのこの記事に触発されたハマコー(@hamako9999)です。

私がゲーマーだった頃に激しく好きになったBGM8選! | love guava!


 ホントはもっと早く書きたくてウズウズしてたんだ。脳内で「あれかな〜これかな〜」と悶々としながら選曲していた日々ともこれでオサラバ。

というわけで、今思い出してもあの頃の情景がハッキリと思い出されてくる、自分の脳みそどころか赤血球やミトコンドリアレベルにまで刻み込まれたBGMのご紹介です。

こんなの書いて読者ニーズ有るのかって?知るか、そんなもん。そんなん気にしてたらブログなんか書いていやしないって。

今、30半ばでパソコンでゲームやっていた世代には、引っ掛るものが有るんじゃないかと思うんですが。

 

 

「イース2」 オープニング

同世代はこのオープニングを聞くだけで、動悸息切れが止まらないレベルの傑作。兄貴が、当時の最新鋭機FS-A1(懐かしい!!)でこのゲームをやってるのを指をくわえてみていたなぁ。

イース1もMSX2のディスクドライブ普及に貢献した名作だけど、イース2が出た時の衝撃は半端無かった。イース1とは比べ物にならない高速スクロールに、よどみなく進むシナリオ。抜群の難易度設定と美しいBGM。

特にこのオープニングBGMはやばかった。高揚感が半端ない。一番最初に聞いた時から頭を離れず、裏ワザのBGMモードにして兄貴が全曲録音したテープを、当時は一日中聴きまくった。ファルコムのゲームの中でも、金字塔に選ばれるべき最高傑作で、最高の曲。今思い出しても涙出てくるわ。

 

「イース3」 エルダーム山脈

続けてイース。この時代のファルコムは神がかっていた。イース3では、msx2の8ビットパソコンではありえない多重スクロールが話題になっていた。コピープロテクトもなんか、変態的なムズイやつだった記憶がある。

ゲーム性はイース2には劣るかなと。ただ音楽は相変わらず素晴らしい。このエルダーム山脈の悲しくも厳格な意志を感じるメロディーラインに心ときめいたあの頃。

イース3はカセット版のサントラを買って、オリジナル版とアレンジ版を、これまたカセットが擦り切れるほど聞いていた。

 

「Ultima4 Quest of the Avatar」 オープニング

自分が洋ゲー好きになったきっかけのゲーム。ファミコン版では「ウルティマ聖者への道」というタイトルで売られていたので、そっちだとピンとくる人も多いかも。

現在のウルティマシリーズに受け継がれる徳の概念が、この4で初めて導入された。勧善懲悪で悪い悪魔をやっつけるのではなく、8つの徳をつんで聖者を目指すという意味不明なシナリオ。世界観が重厚で、乞食も悪人も王様も預言者も衛兵もみんな自分の人生を生きている。

街の人々との会話も全てキーワード入力形式で面倒くさいことこの上ないんだけど、あの頃はなぜか全ての会話をノートにメモって、書きまくっていた。そんなことが全く苦にならないどころか、夏休みをまるまる潰してそんなことに没頭していた覚えがある。

なんだろう、あのやる気は・・・今の子供達がパズドラにはまっていることを考えると、ほんと時代は代わったなぁと感じるよ。まぁ、俺が当時から変態だっただけかもしれないけれど。

この頃、バックアップ活用テクニック(略してバッ活)でディスクチェックプログラムを打ち込んで、体力とかのパラメータを16進数で検索して、全てFで埋めるなんてことをやっていたなぁ・・・ステータスが全然暗号化されてなくてそのままディスクに書き込まれているという、今思えば牧歌的な時代でした。

オープニングBGMの物悲しい雰囲気が、琴線に触れる。こういう物悲しい民族音楽を感じさせる旋律が今でも大好き。

 

「Ultima Online」 Stones

ウルティマの代表曲ということで。元祖オンラインRPGのウルティマオンラインは、学生の頃廃人間際までやっていた。人間としての生活を取り戻すために足を洗ったけど、思い入れはことのほか強い。

このBGM聞くと、一緒に活動したギルドの仲間とか、IRCチャットとか、フェルッカでのパワスクゲットとか、PK阿鼻叫喚とか、白豚で緑デーモン撃破とか、ありとあらゆるシーンが浮かんでくる。

一つのゲームにかけた時間としては、これが確実にナンバーワン。実際にやってたプレイ時間とか、考えたくもないわwでも、あれはあれで、なんだか幸せな時間だった。

というか、これさっき調べたけれど、まだサービス継続してるんだ?始まったの1997年とかやで!?おかしいやろ。

 

ドラゴンクエスト2 果てしなき世界

これは外せない。ガキの頃はあの激難易度に正面からぶつかっていた。当時の忍耐強さは異常だった。なんかの修行か?

サマルトリアの王子はちっとも役に立たないので、3人パーティーになった時の感激とこのBGM。素晴らしすぎる。ドラクエは1から6までしかやってないけれど、敵の強さと理不尽な謎解きにひーこら言ってた2が、やっぱり一番思い出深い。

 

ドラゴンスレイヤー4 アークウィンガーボス戦

日本ファルコムが神がかっていた時代、こんなのもありました。もちろんMSX2版で。ドラゴンスレイヤーシリーズは日本ファルコムの看板シリーズだったはずだけど、この4はあまり移植されなかった気がする。そんな貴重なMSX2版。

BGMは全編いいんだけど、3番目のボス、アークウィンガーで。リルルで行くパターンが多いかなぁ。でも、こいつ相当強かった。シールドが無いとほぼ無理だった懐かしい思い出がよみがえる。 

 

「魔界塔士Sa・Ga」 怒闘

ゲームボーイでアホみたいにやった。家にはファミコンがなくて、自分専用のゲーム機がなかった。で、初めて買ってもらったゲームボーイ。 なんとこのゲームボーイでRPGがでるということで半年ほど前から待って待って待ち尽くして、発売日に近所のおもちゃ屋さんに猛ダッシュして手に入れた時の感動は、忘れられん!!

初めてやった時はショボショボの装備で神様のところまで辿り着いて、どうにもならずに詰んで最初からやり直したり。どうにもあきらめきれずに、一週間ぐらい挑戦したから、このラスボスBGMは今でも鮮明に覚えている。

ラスボスが神様とか、当時は子供心にショックだった・・・その頃は、チェーンソーで一発とか知らんかったし。

バグ技も豊富だった。「かみのみぎて」を自分のアイテムとして装備したりあれやこれや。裏も表もやり尽くした。

 

「ファイナルファンタジーX」 ザナルカンドにて

鉄板中の鉄板中の鉄板。FFシリーズは4〜10、12までやってるけど、この曲はホント好きすぎる。この曲がきっかけで社会人になってから大人のピアノ教室に通ったりしたし、しかもその勢いで2ちゃんねるのピアノオフに参加したり、まぁ、それはすごいきっかけをもらった曲でした。

最高に最強で好きな曲。FF10はシナリオも何もかも良かった。フィールドの概念が希薄なのは自分的にはマイナスだったけど、それを補って余りある魅力が詰まっているFF10。なんだかんだで不朽の名作だと思いますよ。

 

「ゼノブレイド」 名を冠する者たち

ゼノブレイドのボス戦BGM。あまりにもオヤジ臭がするこの記事のラインアップのなかで、妙に新しいセレクションだけど、いいもんはいいんですよ。

ハッキリ言って、自分の全ゲーム人生の中で「ゼノブレイド」は、最強で最高のゲームだと言い切れるぐらい好きだ。

筐体がWiiだからグラフィックが残念なんて声を聞くけれど、そんなことはちっとも関係ない。世界の広さ、歩きまわることの楽しさを思う存分に味あわせてくれるゲーム性が、泣けるほど素晴らしい。バラク雪山の星空とか、立体的な構造は、神がかり的な出来だと思いますよ。

元々洋ゲー好きなので、フィールドを自由にどこへでも歩きまわっていけるゲームが好きなんだけれど、その自分の気持ちに完全にマッチしていた。FF12も好きなんだけれど、あれは高さに自由度が全然無いんだよなぁ。それに引き換え、ゼノブレイドは、ノポン村の高さを存分に使った表現などそのフィールド表現の完成度の高さは世界一だと思う。

社会人になってからやったゲームではダントツのプレイ時間で優に200時間は超えた。

BGMはボス戦から。問答無用でカッコイイ!!リアルタイムバトルで落ち着いて聞くことは難しいので、こうやってゆっくり聞けるのはありがたい。

 

まとめ

ここまでかいてみて思ったのは、音楽が好きというよりは、そのゲームが好きすぎてやりまくっているうちに音楽も好きになったというのが多いかな。でもまぁ、そんなものでしょ。ゲームはつまらないけど、BGMが素晴らしいと思ったことなんて一度もないし。

BGMに紐付いて、ガキだった頃の臭いとか景色とかが思い出されてくる。ノスタルジー以外の何物でもないけど、なんだかこの記事書いてて若返った気分w。あぁ、またAndroid機でゴニョゴニョして、昔のゲームやりたくなって来たな。。。

youtubeで検索してもしばらく聞き惚れて「懐かしいわぁ・・・」とポケーっとするから、ちっとも書くのが進まない記事だったけど、一旦ここで打ち止め。なんだか重要なのを忘れている気がするけれど、また思い出したら書きましょう。

それでは、今日はこのへんで。ハマコー(@hamako9999)でした。

PC-記事下-サブ(Amazon)


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • 645
    follow us in feedly

ブログ主について

ハマコー(@hamako9999
hamako9999
ブログとtwitterはAndroid成分多め。WordPressやガジェット少々。たまに子育てやランニングが混ざります。お問い合わせはhamako9999.netについてよりお願いします。

関連記事

ちょっとしたお出かけに使いやすいお洒落な北欧バックパック「ガストン・ルーガ」

ガストンルーガ(Gaston Luga)という、聞きなれないメーカーから、普段使いに使いやすい、北

記事を読む

麗しい姿をしたZenfone3の外観チェック

先日参加した、【イベントレポート】ASUS年末年始大感謝祭 において、Zenfone3をご提供いた

記事を読む

【イベントレポート】ASUS年末年始大感謝祭

先日、随分昔となってしまいましたが、ASUS ZenTour 年末年始大感謝祭に参加してきたので、

記事を読む

クーポンまみれのbanggoodクリスマスセール情報!スマホ・タブレット以外で使える15%オフクーポンが使いやすいかも

12月になって、各種ECサイトでは、なんとかマンデーとか、クリスマスわっしょいとか、お祭り騒ぎで

記事を読む

Huaweiの勢いを象徴するフラッグシップスマホ「P9」タッチアンドトライレビュー

先日の11月25日(金)、ファーウェイ・ジャパンのブロガーイベントにお呼ばれして、Huaweiのフ

記事を読む

2in1タブレットPCとして存在感抜群の「Matebook」タッチアンドトライレビュー

先日の11月25日(金)に参加した、ファーウェイ・ジャパンのブロガーイベントにて、絶賛発売中の2

記事を読む

ファーウェイブロガーイベント参加。プリンスと素敵すぎる夜景と盛りすぎ自撮りに大興奮の巻

先日の、11月25日(金)、都内某所(なぜか場所は秘密とのこと)において、ファーウェイ・ジャパン

記事を読む

LINEモバイルSIMをWi-Fiルータで利用するとカウントフリーは適用されるのか実験してみた

LINEモバイルの発表があり、9月5日正式サービスが開始されました。先日ブロガー向けイベントに参加

記事を読む

LINEモバイルサービス開始。500円からLINEトークも電話も使い放題プラン有。さらにtwitterやfacebook無料プランも

随分まえから噂されていた、LINEモバイルによるLINE株式会社のMVNO進出。 先日の9月1日(

記事を読む

MacでWindowsもLinuxもAndroidもChromeOSも動く「Parallels desktop」イベントに参加してきた

先日、8月23日(火)に、Parallels Desktopのユーザーイベントに招待されたので、い

記事を読む

a8.net DMMmobile

adsense

ハマコー(@hamako9999
hamako9999

SIerでコンシューマ向けサービスの開発してます。ブログはAndroid成分多め。WordPressやガジェット少々。たまに子育てやランニングが混ざります。

お問い合わせはhamako9999.netについてよりお願いします。

PAGE TOP ↑