HTL22(HTCJOne)にカスタムROMのViperOneを導入してみた

公開日: : 最終更新日:2015/09/18 android, gadget

投げ売り状態のHTCJOneをゲット、これは素敵や!!

10月はauのHTCJOneがわっしょいお祭り状態で、一括0円でキャッシュバックが3万だの4万だのおまけにオプションも殆ど無しとか、一昔前のEvo3Dを彷彿とさせる大盤振る舞いだったので、「もう我慢できない!!」とか、ケロッグコーンフロストの虎が言うもんで、あれやこれやで、気づいたら手に入ってました。

2013-10-31 00.43.47

あらためて手に入れてみると、Android機の中でも最高級の質感の高さ。アルミボディが光ってるわ、コレ。iPhoneに比べても遜色ないなぁ。最初は赤にしようかと思ったけど、この質感を直接感じるにはやっぱりシルバーで良かったかなと思う。

MBAの上にiPhone5とiPhone4Sと並べてみても違和感無いぞ。見事に溶け込んでる!!

2013-10-31 00.34.48

背面もパチリ。いざこうやってみると、最近のAndroid機に比べてiPhone小さいな。そのうち大きくなるのかね。

2013-10-31 00.35.21

※ちなみにMNPの安売り情報はtwitterで型番とMNPで検索するのが定石です。さぁ、君もレッツエンジョイMNP乞食ライフ。twitterで「htl22 MNP」で検索

 

 Root化完了まで

全然持ち出し無しで手に入れた端末という気軽さから、あっさりとRoot化〜カスタムROM導入を決断。もし文鎮化しても、これだけ質感が良ければ、素敵な文鎮になってくれることでしょう。

念のため一応書いておきますが、Root化すると一切キャリア補償は対象外となります。また作業を失敗すると、まったく起動も何もできなくなり悲しい気持ちになります。以下は自己責任を肝に命じていただくようお願いします。

Root化前提条件

「au公式のAndroid4.2.2アップデートが適用されていないこと」です。手に入れて家でWifiつなぐと、最初にキャリアアップデートしたくなりますが、それをやるとRoot化への道は閉ざされます。じっと我慢の子です。

後日追記(2013/11/20)

ついこの間、HTC速報さんの下記記事で、公式4.2からのダウングレードが成功したらしいです。自分は試してないし、手順がなかなかややこしくて茨の道に見えますが、どうしてもという方は試してみてはどうでしょうか。

au HTL22 HTC J One 2.15.970.1から1.05.970.2へのダウングレードについて (HTC速報Dev) | HTC速報


 

Root化手順

自分のやったことを事細かに書いてもいいんですが、大筋は下記サイトを参考にさせていただきました。 丁寧です。一つ一つ実施していけば大丈夫だと思います。手抜きです。

ちなみに自分はMacBookAirにBootCampでいれたWindows7でやってます。ドライバ関連微妙かなと思ったけど、ツール系は使ってないので特に問題有りませんでした。Macでもadbとfastbootさえちゃんと使えるんだったら大丈夫かな?まぁ怖いからやんないけど。

暫定追記(2014/1/18)

非常に手順を丁寧に解説されているsmartgoods.meさんの下記記事ですが、現在アクセス不能となっています。暫定的に自分のページに転載させていただきましたので、こちらを参照下さい。→1/22下記記事復活してます。

 

HTL22ことHTC J ONEのブートローダーアンロックとS-OFFからのroot権限取得、そしてAndroid4.2へバージョンアップなど | smartgoods.me

 

2つ程自分が実施した時に詰まった点を補足しときます。

 

fastbootコマンドを使用する場所

カスタムリカバリの導入で使用するfastbootコマンドは使えるタイミングが決まっていて、HBOOT画面から実行します。具体的にはHBOOT画面のFASTBOOTですね。こちら中央部の赤背景のとこです。この状態でfastbootコマンド使えます。

2013-10-31_01.30.25-3

電源断からのHBOOT起動ができない

完全に電源が切れている状態から、音量キーの下を押しながら電源キーを押したらHBOOTが起動するんです。が、起動しない場合は、設定→電源→高速起動にチェックが付いている可能性があります。これは外しましょう。

 

カスタムROM、ViperOneの導入

ほんで、どのカスROMをいれようかとあれこれ調べてみた結果、HTCSense系で設定項目が非常に充実しているというViperOneに決定。

ViperOneってええの?って感じの人は、ここらへんのスクリーンショットみるとテンションあがるかも。自分もよくわかんなかったけど、面白そうだからこれにしました。まぁカスROMの選択なんて、右脳で決めるもんですよ。

http://forum.xda-developers.com/showthread.php?t=2334294

2013-11-01 1.57 のイメージ.png

_OCT_28__ViperOne_3.1_RC2___3.62.401.1___Android_4.3_Sense_5.5___Venom_Tweaks__VenomPie__Venom_Hub__Theming__Icon_Packs__OTA_Updates_and_more__-_xda-developers-4

 

動画もあった。素敵。

 

本家のHTCOne用のROMなんですが、HTCJOne用にカスタムされたROMをHTC速報さんが上げてます。自分はこちらを使いました。

http://www.androidfilehost.com/?fid=23159073880935016

 

 

CWMから焼きます。最初インストーラーが立ち上がって、いろいろ設定していきます。まぁ好きな用に。

2013-10-30 00.29.36

一点注意は、下記画面で2つ目の「Viper Red Theme」にチェックを入れると、OS起動後「〜のプロセスが終了しました」というメッセージがでまくってまともに使えません。ご注意を。

2013-10-30_01.28.17

後は無事にインストールが終了するのを祈るだけです。

ROMインストール時に失敗してCWMも起動しなくなった時

自分が最初トライした時は、ROMインストール失敗して起動ができなくなったので、再度HBOOTからリカバリ起動しようとしたら、CWMもぶっ潰れたので、CWMをさらに焼き直そうと思ってもにんともかんともいかず

\(^o^)/オワタ

になりかけたけど、以下のコマンドをCWM焼く前に流すと、無事CWM起動しました。

Fastboot erase cache

無事、完了

というわけで、完了です。最初に2つほど注意点。

PlayStoreからアプリインストールできない

最初エラーで、PlayStoreから何もインストールできませんでした。でも、しばらくしたら直りました。謎や。

auのLTE通信できない

モバイルネットワークモードのネットワークモードを「gsm/wcdma/lte」にしたら、ちゃんとモバイルデータ通信できました。まぁ、auのSim使うきはないけど。docomoのXi回線お試しはこれから。 

正直、タダ同然で手に入ったHTCJOne。グローバル仕様じゃないからあれこれいじるには障壁が多いけど、うまいこと安定版のカスタムROM入れてSIMフリー化してしまえば、異常なコストパフォーマンスのAndroid端末になる可能性を秘めているということで、しばらくあれこれ遊んでみようと思います。

 

2013/11/12追記

Simフリー化の記事を書きました。

auのHTL22(HTCJOne)でdocomoのXiSimを認識させる方法(不十分)


2013/11/27追記

root専用カスタマイズアプリ、xposedを入れてみた。

htl22(HTCJOne)にroot専用カスタムアプリxposedを入れてみた


2014/1/8追記

Androidのroot専用アプリをまとめてみた。

【2014年版】Androidのおすすめroot専用アプリ24選


 

by カエレバ

PC-記事下-サブ(Amazon)


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • 515
    follow us in feedly

ブログ主について

ハマコー(@hamako9999
hamako9999
ブログとtwitterはAndroid成分多め。WordPressやガジェット少々。たまに子育てやランニングが混ざります。

関連記事

anker-glassguard-eyecatch

【誰でも10分確実簡単】ANKERのiPhone6用ガラスフィルムを試してみた

ハマコーさん。ガラスフィルムどうです?iPhone6に。エエカンジですよ。[/speech_bu

記事を読む

qy9-eyecatch

SoundPEATS社スポーツ仕様Bluetoothイヤホン「QY9」をランニングで使ってみた

継続的に製品提供レビューを受けまくっているSoundPEATS社より、またまた、Bluetoot

記事を読む

mf855-eyecatch

SIMフリーで7800mAhと大容量な変態モバイルバッテリーWiFiルーターMF855レビュー

「モバイルバッテリーWiFiルーター?なんのこっちゃ?」 モバイルバッテリーも、モバイルWiF

記事を読む

a1-eyecatch

基本機能が充実した有線でも使えるBluetoothヘッドホン「A1」レビュー

廉価でそれでいて、品質的にもナイスなイヤホンを多数販売しているSoundPeat社より、Blue

記事を読む

tt-sk06-review

ワンランク上の外観と音質。低音効きまくりのBluetoothスピーカーTT-SK06レビュー

TaoTronics社より、低音強化スピーカーTT-SK06をご提供いただいたので、レビューいたし

記事を読む

avantek-dl-q7-eyecatch

なんでも使える汎用性が高い多機能LEDライト「AVANTEK DL-Q7」レビュー

以前から、ブログ執筆場所の照明がイマイチだったため、変えたいなぁと考えていた時、AVANTEK社

記事を読む

piston3-eyecatch

3000円以下で買える高コスパイヤホン、Xiaomi Piston3レビュー

いわゆるガジェット好きな人達は、イヤホンも大好物。じゅるり。 TLのツイートでたまたま知った、Xi

記事を読む

anker-sound-core-eyecatch

あのANKERから何故かBluetoothスピーカーが発売。その実力とは?

ガジェット好きなら、誰もが知ってるAnker。 「USB充電器といえば、Anker」「充電ケーブル

記事を読む

pb20000ms

MNPで端末代金一括0円オススメ情報を取得する方法と注意点

スマートフォンをMNPで契約するための、オトク情報を探す方法を解説します。 この記事を読んでもらい

記事を読む

misfit-eyecatch

【身に着けているのを忘れるウェラブル】MISFITの活動量計新製品「SHINE2」発表会に参加してきた

シャレオツな活動量計を展開している、MISFIT社の「SHINE」という製品のイベントに、レビュー

記事を読む

a8.net DMMmobile

Message

メールアドレスが公開されることはありません。


*

adsense

ハマコー(@hamako9999
hamako9999

SIerでコンシューマ向けサービスの開発してます。ブログはAndroid成分多め。WordPressやガジェット少々。たまに子育てやランニングが混ざります。

PAGE TOP ↑