BGM用途に最適!引き締まった低音が魅力のLERVING社Bluetoothスピーカーレビュー

公開日: : 最終更新日:2016/11/16 gadget

DSC02459

LERVING社より、一風変わったBluetoothスピーカーをご提供いただいたのでレビューします。

これは、良いぞ。

凡百のBluetoothスピーカーとは一味も二味も違うズンドコ節と音場の広がりに、ハマコー、一躍ファンになってしまいました。作業時のBGMはこれで決まり。

スポンサーリンク

 

LERVING社とは?

スクリーンショット 2016-07-08 23.49.07

 

知らない人が殆どだと思います。公式サイトはこちら。

参考:LERVING JAPAN公式サイト

会社概要はこちら。香港発の会社のようです。

LERVINGは、香港の法人会社であるラーヴィング・テクノロジー(香港)有限会社の全面出資により設立された電子製品の専門通販サイトです。

LERVINGはAMAZONに販売開始以来、お客様のデジタルライフをより便利に、快適にする製品を、信頼できる品質・お求めやすい価格で提供させていただくことです。引用:

LERVING JAPAN(ラーヴィング・ジャパン)について

 

LERVING社のBluetoothスピーカーの製品仕様

最初に、Amazon.co.jp販売ページより、その製品仕様と特徴を紹介します。

参考:【LERVING】 Bluetoothスピーカー

 

コンパクトなbluetooth スピーカーですので、好きな場所に手軽に持ち運ぶ可能、そして堅固なメタル材質は高い耐久性を誇ります。

アウトドアや旅行にも最適です。 振動パットを加えて、本体を設置した物体(テーブルなど)を振動させて、コンパクトなサイズに似合わない迫力ある重低音再生可能。

底部には滑り止めのゴムが付いてあり、落ちることができません、安定で操作することができる。

内蔵のリチウムイオンバッテリーにより、5時間の音楽再生時間、また30時間の長時間通話を使用が可能、更に200時間の待機可能。

パッケージ内容:bluetooth スピーカー本体、micro usb 充電ケーブル、オーディオケーブル、取扱説明書、12ヶ月保証。引用:

Amazon | 【LERVING】 Bluetoothスピーカー ポータブル ワイヤレススピーカー 高音質 大迫力の重低音 スピーカー 内蔵マイク搭載 コンパクト 持ち運びに便利 | デジタルオーディオ用スピーカー オンライン通販

 

スクリーンショット 2016-07-07 23.26.15

 

一番の特徴は、コンパクトなボディに振動板内蔵して、本体接地面テーブルを合わせて振動させることによる迫力の重低音再生。

通常、このクラスのBluetoothスピーカーで、振動板内蔵とか今まで聞いたことなかったんだけれど、そこに真っ向から挑戦してます。

見た目の特徴は、なんせ丸く金属製の筐体であること。連続再生5時間、待ち受け時間30時間。また、マイクロSDカードやAUXによる有線接続もサポートと、4000円を切る価格なのに機能が豊富。

 

外観の紹介

まずは、パッケージ。どうみても、ANKERにしかみえません。

まぁ最近の流行りということで。コスト削減しつつ、良い感じの見た目にしようとすると、どうしてもこういう路線になっちゃんですかね。折角の新興メーカーなんだから、もう少し特色あっても良いのに・・・と思います。

DSC02442

 

蓋を開けたところ。緩衝材用クッション素材が埋め込まれています。

DSC02443

 

本体は、ビニール袋に入れられています。

DSC02444

 

同梱品一式。本体のほか、AUXケーブル、マイクロUSBとケーブル、説明書、2000円オフクーポン。

DSC02446

 最近、この手の製品では、説明書が英語のみというのも結構見かけますが、この説明書はすべて日本語で非常にわかりやすく解説されています。自分みたいにしょっちゅうBluetooth関連製品つかっている人は、セットアップや使い方なんとなくわかりますが、Bluetooth製品初めて使う人にも非常に分かりやすい。ナイスポイントです。

 

手の大きさとの比較。こうやって見ると、非常にコンパクトな作りというのがわかります。

DSC02456

 

手のひらにすっぽり収まるサイズ。重量はそれなりにあり、中身が詰まっている風情。

DSC02447

 

質感は非常に良好。ヒンヤリすべすべの金属勢の外観が、チープさを全く感じさせません。インテリアとしても非常に活かす。

DSC02452

各種インジゲーターやスイッチを裏面や底面に集約したのも、この見た目を優先させたからでしょう。それだけ、この金属むき出しの外観にこだわったと言えます。いやこれ、まじでカッコイイ。

 

背面インターフェース。充電用マイクロUSB端子と有線音声入力用のAUX端子。さらに、なんとBluetoothスピーカーでありながらマイクロUSBの音源再生にも対応。Bluetoothスピーカーでコレは、初めて見た。

DSC02450

 

充電中は、左側のインジゲーターがかすかに光ります。赤点灯は充電中。非常に小さくて、あまり目立ちません。

DSC02454

 

 

裏面。音量コントロール、曲早送り巻き戻し、停止再生、電源ボタン兼Bluetoothペアリングボタンなど。よく使うインターフェースが裏面にあるのは、操作性の面でイマイチ。基本、Bluetooth接続でスマホで操作したほうが良いでしょうね。

DSC02453

 

操作体系は、公式ページのこれが分かりやすいので、貼っておきます。

スクリーンショット 2016-07-07 23.26.33

 

 

一点注意。この底面にはビニールが貼ってあり、実際使うときにははずさないと、その真価を発揮できません。

2016-07-07 23.27.48

 

実際に鳴らしてみた感想

早速、愛用のGaaxy S7 edgeとペアリングして、いろんな音源をならしてみました。

 

ビリビリ響く低音

最初に鳴らしてビビるのは、やたら共振する底面と、そのサイズからは想像もつかないほどの低音の迫力。

木製の机の上に置いて鳴らしてみたところ、本体に振動板を内蔵しているためか、音楽に合わせて机表面が振動しているのがはっきりわかりました。この大きさで、ここまででるかと驚くぐらい。なんじゃこれ。

そのためか、接地面がしっかりしていないと、低音にビビりが入ってかなりイマイチな音になってしまうので、その点は注意が必要です。

自分の場合、机の上に直接置くとどうしても机表面の振動がきになるので、昔スピーカー設置に使っていたインシュレーターを設置してみることに。

DSC02457

 

3つ使って、その上に設置してみる。

DSC02458

 

これで、机の不要な共振が押さえられ、音全体がより引き締まった感じがします。もし、インシュレーターをお持ちの方は試してみましょう。インシュレーターが無くても、ある程度安定した接地面を選択したほうが、この製品の特徴をより引き出すことができます。

 

低音でも「重低音」ではない

この低音は「重低音」とは全く違います。サブウーファーが鳴らすようなズンズンくる「重」低音は、これでは実現できません。そりゃサイズからも想像つくとれど。

音量をあげていくと、それなりに早い段階で音が割れてしまうので、「低音が身体にズンとくるのか!?」と、過度な期待は禁物です。

 

艶っぽい中音

引き締まった低音がありながら、ボーカルの表現力も高い。EGO-WRAPPINや小島麻由美などの、艶っぽいボーカルに非常によくマッチします。

対して、高音は、どうしても引っ込み気味。ハイハットやシンバルなんかも、埋もれはしないけれど、存在感はありません。音全体としては、どうしても低音〜中音あたりが強調される感じになります。

 

サイズからは想像できない音場の広がり

スピーカーが上を向いていて、横方向の指向性がないため、普通のスピーカーとは聴こえ方が違い、より広がりを感じさるサウンドになってます。底面の振動から接地面全体を鳴らし、そらにその上部の空間に対して、筐体の周辺をまんべんなく鳴らす感じ。

オーケストラの各楽器を聞き分けたりするような、解像度を追求する聞き方は正直できませんが、逆にBGM用途として、気軽にバックグラウンドで流すときには、指向性が無い、こういったサウンドが向いていると思います。

 

BGM用途に最適な新感覚の小型Bluetoothスピーカー

部屋の真ん中にでも「ポン」とおいて、その日の気分で聴くジャンルをなんとなく選び、ラジオを聞く感覚で鳴らしておく。そういった使い方に非常に向いていると思います。

自分の最近のお気に入りの使い方は、Google Play Musicの「優しい眠りを誘うギターの調べ」とか「海風に吹かれて気ままに夏気分」とか、そこらへんのラジオを流しっぱなしにして、ブログ書いたりうたた寝。

これ最高。

部屋全体がやんわりそういう空気になるので、気持ちが良いんですよ。部屋の真ん中においておけば、自分のポジション気にしなくてよいので。

アコースティック中心の楽器編成の場合、あまり音量をあげずに鳴らすことで、適度な低音が場を引き締めてくれます。 

良い点
・コンパクトで高級感溢れる金属製筐体
・サイズからは想像つかない低音
・周囲を満遍なくならす音場の広がり 

悪い点
・底面が振動するため、接地面に気を使う
・高音が引っ込み気味

2016年7月8日現在、Amazon.co.jpでは、3,799円で購入可能。これだけの音を鳴らすスピーカーとしては、非常に安価だと思います。似た価格帯のBluetoothスピーカーよりは、使い勝手もよくオススメですよ。

2016年7月12日、Amazon プライムでーということで、1000円引きクーポン頂きました。レジでクーポンコード「QCU2GKM8」を使うことにより、1999円で購入が可能です。

 

それでは、今日はこのへんで。ハマコー(@hamako9999)でした。

PC-記事下-サブ(Amazon)


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • follow us in feedly

ブログ主について

ハマコー(@hamako9999
hamako9999
ブログとtwitterはAndroid成分多め。WordPressやガジェット少々。たまに子育てやランニングが混ざります。お問い合わせはhamako9999.netについてよりお願いします。

関連記事

dodocoolのコンパクトで使いやすく有線LANポートも備えたUSB Type-Cハブレビュー

新MacBookProが、USB Type-Cのみを採用したり、スマホでも最近の機種はほぼ全て、

記事を読む

まさに王道を行くミドルレンジど真ん中のZenfone3レビュー

先日参加した、ASUSのイベント(【イベントレポート】ASUS年末年始大感謝祭)でご提供いただいた

記事を読む

麗しい姿をしたZenfone3の外観チェック

先日参加した、【イベントレポート】ASUS年末年始大感謝祭 において、Zenfone3をご提供いた

記事を読む

$30で17リットル容量、15インチノートPCも収納可能な抜群に使いやすいXiaomiのリュックレビュー

Xiaomiといえば、言わずと知れた中国でブイブイ言わせているスマホメーカー。最近ちょっと勢い落ち

記事を読む

「デジタル一眼レフとレンズ沼にはめられて」CANON 8000Dとレンズ6本とおまけ6個を一挙紹介

上の娘も、もう小学生だね。運動会とか校庭広いよねぇ。写真ちゃんと撮れるかなぁ[/speech_bu

記事を読む

Huaweiの勢いを象徴するフラッグシップスマホ「P9」タッチアンドトライレビュー

先日の11月25日(金)、ファーウェイ・ジャパンのブロガーイベントにお呼ばれして、Huaweiのフ

記事を読む

2in1タブレットPCとして存在感抜群の「Matebook」タッチアンドトライレビュー

先日の11月25日(金)に参加した、ファーウェイ・ジャパンのブロガーイベントにて、絶賛発売中の2

記事を読む

ファーウェイブロガーイベント参加。プリンスと素敵すぎる夜景と盛りすぎ自撮りに大興奮の巻

先日の、11月25日(金)、都内某所(なぜか場所は秘密とのこと)において、ファーウェイ・ジャパン

記事を読む

MVNO評価の決定版になりうるのか?モバレコの通信快適さランキングは実際どうなんでしょうの巻

いつもお世話になってるモバレコで、「モバレコ通信快適さランキング」が始まると運営の方から連絡あり

記事を読む

小さい娘がいる家にロボット掃除機の居場所はあるのか?「BW-XRC600」レビュー

いつものbanggood.com様より、ルンバ的な製品、「BW-XRC600」をご提供頂いたのでレ

記事を読む

a8.net DMMmobile

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

adsense

ハマコー(@hamako9999
hamako9999

SIerでコンシューマ向けサービスの開発してます。ブログはAndroid成分多め。WordPressやガジェット少々。たまに子育てやランニングが混ざります。

お問い合わせはhamako9999.netについてよりお願いします。

PAGE TOP ↑