表裏2面ディスプレイを搭載したガラケー流スマホ「MUSASHI」ハンズオンレビュー

公開日: : 最終更新日:2016/03/30 gadget

DSC00711

先日こちらの記事(FREETELはどこを目指すのか?新サービス発表会で社長の野望を聞いてきた)で書いた発表会に参加してきた時、FREETELブランドの新製品、Androidガラケー「MUSASHI」が展示されていて、あれこれ触ってきたので、その第一印象をレビューします。

スポンサーリンク

 

MUSASHIの特徴

スクリーンショット 2016-03-12 07.17.46

なんといっても、最大の特徴は「物理ボタンを搭載した2つ折りケータイ型スマートフォン」ということ。

製品発表会でしきりに増田社長が力説していた、「今までガラケーからの乗り換えに躊躇していた方々に、是非そのままの操作性でスマートフォンの魅力をしっていただきたい」のを体現する製品です。

GooglePlayもしっかりインストールされているので、通常のAndroidスマートフォンとして問題なく利用できます。いわゆるガジェオタ界隈の人から見たら変態端末のカテゴリーに入りますね。

しばらく前に、大手キャリアから発売されていたAndroid搭載ガラケーは、OSはAndroidでもそのままAndroidスマートフォンの全機能を使えるものではなかったので、ドキドキが広がります。そういう意味では、ターゲティングとしてギーク向けも含むと言っても良い気がします。

その他詳細は公式ページを参照ください。すでに予約は開始されており、価格は、税別24,800円です。

公式ページ:FREETEL MUSASHI 特長|機種一覧|FREETEL(フリーテル)

 

 

MUSASHIハンズオンレビュー

触ってみて最初に感じた第一印象。

 

「でかい」

 

おそらく、当日実機を触った人全てが感じた感想じゃないでしょうか。それだけ、通常のガラケーの枠で想像される大きさを軽々と超えています。

開いて持つと、このように手のひらから完全にはみだします。普通のスマホを2つ縦に並べた感じ。

DSC00715

 

じぇみさん(@creamygemmy)にモデルになってもらいました。折りたたみ式だから一瞬違和感がないかとおもいきや、やっぱりでかい。肝心の通話を試すことが出来なかったけれど、この耳と口の離れ具合で、まともに通話できるんだろうか。。。

DSC00728

 

折りたたんだ表側は通常のスマートフォンのように、タッチキーが備わっており、操作性としては、Androidスマートフォンのそれと変わりありません。 

DSC00696

 

何故か戻るボタンが右側にあるという、Galaxy仕様です。個人的にはこっちのほうが好きなんだけれど、Androidとして一般的じゃないのは確か。この点、ガラスマホなりの根拠があるのかと、製造担当の方に聞いても、あまり明確な理由は聴くことができませんでした。

DSC00717

 

物理ボタンの配列。ここは一般的なガラケーを模した配列になってます。Androidのホームボタンは通話終了、戻るボタンは右上のカメラボタンに割り当てられています。

DSC00700

 

最初、ホーム画面に戻りたくなった時に、執拗に十字キー真ん中のボタンを押してしまってたんだけれど、そこはあくまで決定(クリック相当)ボタンなので違う。

このAndroidに物理キーがついているこの感触は、操作になれるまで、それなりに時間がかかるだろうなという印象を受けました。

実際に手にとってみると、こういう感じです。異次元のでかさですな。

DSC00710

 

背面部分は、800万画素のカメラ。こちらに燦然と輝くFREETELロゴ。なかなかオシャレで良いと思います。

DSC00698

 

 

MUSASHIの操作性は?

DSC00708

今回、触っている時に念頭においたのは、「ガラケーつかっているおかんに、MUSASHIをおすすめできるか?」ということ。

10分ほど触ってみた感触は、「恐らく、きついだろうなぁ」という結果です。

 

でかくて重い筐体

前項の写真でもお伝えしたけれど、そのでかさは想像以上。普段使いとして、おしりのポケットに入れるのははばかられるぐらいの大きさです。特にデュアルディスプレイの影響からか厚みもかなりあるため、携帯性は低いと言わざるを得ません。

開いた時の大きさもその分長くなるので、実際に通話するときに自分の声がどの程度クリアにあちらに届くのか、不安が残ります。

 

複雑(と思われる)操作性

ハードキーとAndroidの融合を真正面から狙った機種ですが、その融合により、操作性が複雑になっていることは否めません。タッチパネルでもハードキーでも両方で操作できる汎用性は素晴らしいんだけれど、その独特の操作体系になれるのに、苦労しました。

誰もが体験したことのないギミックに、すぐなれることができるわけではないので、そこら辺を5分程度の操作で全て判断は出来ないです。なので、この複雑性が「慣れで解消する」ものなのか、「いつまで使ってもなれることが出来ない」ものなのかの判断は出来なかったけれど、自分目線で、直感的にすぐ操作できるものではなかったというのが正直な印象です。

戻るキーとホームボタン、文字入力の操作性などは、おそらく最初だれもが戸惑う点だと思います。

 

タッチパネルとハードキーの融合に挑戦する心意気は凄い

DSC00730

個人的には、外側のディスプレイは無くしてしまって、もっと操作性を従来のガラケーに寄せてしまってサイズダウンを図ったほうが、ガラケーの特徴をより活かせるのでは?と思いました。

この端末が向く人は、そういった発展途上のハードに喜々として飛び込んでいき、あれこれ文句を言いつつ触ってみたいという、マニアだと思います。逆に、一般人にはなかなかオススメはしがたいかと。

Google Playストアを搭載して、Androidのアプリをそのまま使えるのは、素晴らしいの一言。あとは、それを支えるハードウェアの練度を、もっとあげていけば、広いマーケットを支える素晴らしい製品に進化していくのではないでしょうか。

それでは、今日はこのへんで。ハマコー(@hamako9999)でした。

 

PC-記事下-サブ(Amazon)


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • 638
    follow us in feedly

ブログ主について

ハマコー(@hamako9999
hamako9999
ブログとtwitterはAndroid成分多め。WordPressやガジェット少々。たまに子育てやランニングが混ざります。お問い合わせはhamako9999.netについてよりお願いします。

関連記事

dodocoolのコンパクトで使いやすく有線LANポートも備えたUSB Type-Cハブレビュー

新MacBookProが、USB Type-Cのみを採用したり、スマホでも最近の機種はほぼ全て、

記事を読む

まさに王道を行くミドルレンジど真ん中のZenfone3レビュー

先日参加した、ASUSのイベント(【イベントレポート】ASUS年末年始大感謝祭)でご提供いただいた

記事を読む

麗しい姿をしたZenfone3の外観チェック

先日参加した、【イベントレポート】ASUS年末年始大感謝祭 において、Zenfone3をご提供いた

記事を読む

$30で17リットル容量、15インチノートPCも収納可能な抜群に使いやすいXiaomiのリュックレビュー

Xiaomiといえば、言わずと知れた中国でブイブイ言わせているスマホメーカー。最近ちょっと勢い落ち

記事を読む

「デジタル一眼レフとレンズ沼にはめられて」CANON 8000Dとレンズ6本とおまけ6個を一挙紹介

上の娘も、もう小学生だね。運動会とか校庭広いよねぇ。写真ちゃんと撮れるかなぁ[/speech_bu

記事を読む

Huaweiの勢いを象徴するフラッグシップスマホ「P9」タッチアンドトライレビュー

先日の11月25日(金)、ファーウェイ・ジャパンのブロガーイベントにお呼ばれして、Huaweiのフ

記事を読む

2in1タブレットPCとして存在感抜群の「Matebook」タッチアンドトライレビュー

先日の11月25日(金)に参加した、ファーウェイ・ジャパンのブロガーイベントにて、絶賛発売中の2

記事を読む

ファーウェイブロガーイベント参加。プリンスと素敵すぎる夜景と盛りすぎ自撮りに大興奮の巻

先日の、11月25日(金)、都内某所(なぜか場所は秘密とのこと)において、ファーウェイ・ジャパン

記事を読む

MVNO評価の決定版になりうるのか?モバレコの通信快適さランキングは実際どうなんでしょうの巻

いつもお世話になってるモバレコで、「モバレコ通信快適さランキング」が始まると運営の方から連絡あり

記事を読む

小さい娘がいる家にロボット掃除機の居場所はあるのか?「BW-XRC600」レビュー

いつものbanggood.com様より、ルンバ的な製品、「BW-XRC600」をご提供頂いたのでレ

記事を読む

a8.net DMMmobile

adsense

ハマコー(@hamako9999
hamako9999

SIerでコンシューマ向けサービスの開発してます。ブログはAndroid成分多め。WordPressやガジェット少々。たまに子育てやランニングが混ざります。

お問い合わせはhamako9999.netについてよりお願いします。

PAGE TOP ↑