モバイルバッテリー「PB10000CF」レビュー。素晴らしさを他の製品とあれこれ比較してみた

公開日: : 最終更新日:2016/03/30 battery

pb10000cf-ehecatch

EasyAcc社より、モバイルバッテリー「PB10000CF」の提供を受けたのでレビューします。

いや、もうね、モバイルバッテリーとか、レビュー言うても、いまさら書くことあるのかなぁと思ってたんですよ。

「なにも書くことねえ・・・」とかなったら、困るじゃないですか。

ただ、改めて他のモバイルバッテリーと製品スペックをあれこれ比較してみた結果、「こいつは・・・確かに・・・実力ある・・・!!」という事が判明したので、前のめりにレビューしてみます。

 

スポンサーリンク

 

EasyAccの会社概要

「EasyAcc」って会社、皆さんご存じですかね?自分は正直、今回モバイルバッテリーの提供を受けるまで、全く聞いいたことなかったです。

公式サイトはこちら

EasyAcc – Partner For Your Electronic Devices


主な製品は、今回紹介するモバイルバッテリーや、iPhoneケースみたいですね。ただ、まだまだ日本のAmazonでは販売商品は少ない印象です。

モバイルバッテリー界隈って、Ankerや、cheero、EC TECHNOLOGYなんかが有名なんですが、その中に突然殴りこんできた感じでしょうか。

正直、もうね、モバイルバッテリー界隈って、かなり過当競争になっていると思うんだけれど、いまさら新顔が現れるなんて、それはそれで驚きだったりします。

 

EasyAcc「PB10000mAh」の製品仕様

製品スペックはこの通り

商品の仕様
容量:10000mAh×3.7V=37WH
バッテリータイプ:リチウムイオン
入力:DC 5V 2.0A (最大)
出力:: DC 5V 2.4 (最大)
サイズ:144 x 75×14.8 mm
重さ:226g

Amazon.co.jp: EasyAcc PB10000CF 10000mAh 大容量 モバイルバッテリー Smart 超コンパクト2USBポート同時充電 急速充電可能 iPhone6 6plus 5S / iPad Mini Retina / iPod / Xepria / Galaxy / Android / 各種スマホ対応 (ブラック+グレー): 家電・カメラより引用

Smartテクノロジーによる急速充電に対応してます。

急速充電と聞くと、Qualcomm社のQuickCharge2.0が思い出されますが、このモバイルバッテリーの製品仕様で言うところの急速充電はそれではないのであしからず。急速充電って、別に規格が定まっている単語じゃないので紛らわしい。

ただ、最大2.4Aの2ポート出力は、基本性能として十分。今発売されているモバイルバッテリーの出力は、たいていコレですね。iPadなどのタブレットも安心してフルスピードで充電できます。

ちなみに、モバイルバッテリーでQuickCharge2.0に対応しているのは、現状Aukeyの「PB-T1」ぐらいですかね。まだまだ数は少ないし容量に対して割高ではあります。

 

外観と同梱品

製品外観の紹介です。

同梱品は、本体とUSBケーブル、それに英語の説明書です。

pb10000cf

 

表面はマットな仕上がり。プラスチック丸出しのような安っぽさはありません。落ち着いた仕上がりです。

pb10000cf

 

USB出力は2ポート。両方とも2.4Aでの出力に対応しています。

pb10000cf

 

充電インジゲーターは4段階表示。これだけあれば、だいたいの残容量わかりますね。

pb10000cf

 

最近のモバイルバッテリーではやりの、懐中電灯にも対応。これハッキリ言ってむっちゃくちゃ明るい。まじで正面から見たら、目痛めそう・・・使う場面が殆ど思い浮かばへんけど、まぁないよりはあったほうが良いすかね。非常時にモバイルバッテリー持っているイメージ無いけれど。

pb10000cf

 

Galaxy S6 edgeと並べてみました。5インチスマホより一回り大きい程度。10000mAhクラスのモバイルバッテリーの中では、小さい・・・と思うけれど。実際はどうだか。後ほど、他のモバイルバッテリーと比較してみます。

pb10000cf

 

 

実際に使ってみた

実際に使ってみました。充電できました。

・・・

・・・

書くことねぇ・・・

 

 

他のモバイルバッテリーと比べてみた

これだけだと、あまりにも手抜き記事すぎて、提供元の会社にも怒られそう。

ただねぇ、モバイルバッテリーなんて、もう完全にコモディティ化しているわけで、なかなか差別化要素なんて無いよ。記事どうすんだ、コレ。

とあれこれ悩んだ末、以前から考えていた比較指標をぶちあげて、モバイルバッテリー比較表を作ってみました。

 

モバイルバッテリー比較の評価指標

モバイルバッテリーの比較指標なんて、金額と重さとバッテリー容量ぐらいしかないし、高くて重ければバッテリー容量が大きいのは当たり前。単純に比較しても面白く無いので、コスパと携帯性を表す指標を勝手に作ってみました。

重量あたりのバッテリー容量

バッテリー容量を重量で割ったもの。携帯性を表します。この数値が良いと、軽いのに大容量という事になります。

 

金額あたりのバッテリー容量

バッテリー容量を金額で割ったもの。コストパフォーマンスを表します。この数値が良いと、安いのに大容量という事になります。

 

モバイルバッテリー比較表を作ってみた結果

比較対象にするモバイルバッテリーは、Amazonのモバイルバッテリーランキングページから、ハマコーの独断と偏見で選んでます。

Amazon.co.jp: モバイルバッテリー ランキング 

pb10000cf

 

そして作成した、モバイルバッテリー比較表がこちら。上からバッテリー容量順で並べています。価格は2015年9月11日時点のもの。基本機能として、出力は全て、2.4Aに対応してます。全製品QuickCharge2.0には未対応。

製品名バッテリー容量
(mAh)
ポート数重量(g)価格バッテリー容量/gバッテリー容量/円
cheero Power Plus DANBOARD version -plate- 4200 1 159 ¥2,980 26.42 1.41
Anker® Astro E1 5200 1 204 ¥1,599 25.49 3.25
RAVPower モバイルバッテリー 7800 2 281 ¥1,899 27.76 4.10
EasyAcc PB10000CF 10000 2 226 ¥1,999 44.25 5.00
cheero Power Plus 3 13400 2 322 ¥3,480 41.61 3.85
EC Technology 第三世代大容量 16000 3 431 ¥2,999 37.12 5.34
EC Technology® 第二世代 22400 3 581 ¥3,299 38.55 6.79

 

表の右側2列に、「重量あたりのバッテリー容量」と「金額あたりのバッテリー容量」を並べてみました。これが高いほど、優れているということになります。

こうやって並べてみると、傾向がわかれていて面白い。

 

基本性能は正直イマイチな「DANBOARD version -pate-」

その愛くるしい見た目で、モバイルバッテリー界に旋風を巻き起こしたダンボーバッテリー。

指標としては以下の結果となりました。

バッテリー容量/g:26.42 (第5位)
バッテリー容量/円:1.41  (第6位) 

まぁモバイルバッテリー買っている人は、直感的に気づいていると思うけれど、ダンボーバッテリー、基本機能だけで比較すると、ぶっちゃけコスパは悪いんですよね。この製品は出力ポートも1つだし。

ダンボーが見た目重視というのがよく分かる結果。ダンボーバッテリー。他の無骨な女の子受けとか全くしなさそうなモバイルバッテリーとは違う、唯一無二の存在ということで、そういう路線も有りなんじゃないでしょうか。

 

非常に製品バランスが良い「EasyAcc PB 10000CF」

今回、ご提供を受けた「EasyAcc PB 10000CF」ですが、以下の結果となりました。

バッテリー容量/g:44.25 (第1位)
バッテリー容量/円:5.00  (第2位)

こうやって数字にしてみると、優位性がハッキリ出てますね。携帯性もコスパも非常にバランスよくまとまっていると思います。

携帯性が第1位の「EC Technology® 第二世代」は、バッテリー容量/gが5.90。これは効率良いですね。ただ、バッテリー容量の総量が22400mAhと、もとから大容量なので、バッテリー容量が大きいほうが重量あたりの容量効率は良くなる傾向はあると思います。

 

普通にモバイル機器を使う場合には、最高の選択肢

以上、見てみたとおり、充電容量10000mAh前後では、現時点で最高のコスパと携帯性を有する「EasyAcc PB 10000CF」。

てか、10000mAhって、普通のスマホなら2〜3回は充電できます。それ以上必要なシチュエーションって、それこそスマホやタブレットを5台以上持ち運んでいるような変な人達なので、普通の人には十分な容量じゃないですかね。

基本性能も高いし、見た目も悪くない、なんせお値段が2,000円を切っている。難しいこと考えずに、初めてのモバイルバッテリーデビューする人とか、現在、2500mAh程度のショボイ容量のバッテリー使っている人の買い替え先としては、現状最高の一品ではないでしょうか。

それでは、今日はこのへんで。ハマコー(@hamako9999)でした。

 

カラーは、黒地にオレンジラインが入っているものも有ります。ちょっと割高だけれど、カッコイイ。

 

参考記事

最新のモバイルバッテリーをいろいろ比較しています

【容量別比較】2015年最新おすすめモバイルバッテリー5選


PC-記事下-サブ(Amazon)


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • 645
    follow us in feedly

ブログ主について

ハマコー(@hamako9999
hamako9999
ブログとtwitterはAndroid成分多め。WordPressやガジェット少々。たまに子育てやランニングが混ざります。お問い合わせはhamako9999.netについてよりお願いします。

関連記事

世界最小最軽量でQC3.0に対応の最先端モバイルバッテリー「Anker PowerCore Speed 10000」レビュー

普段からモバイルバッテリーには目がないハマコーだけど、そのジャンルでは最先端を行くAnker社から

記事を読む

渋くてオシャレで頑丈なVolutz社USB Type-Cケーブル「ARMORCORD」を試してみた

以前より愛用しているVolutz社より、USB Type-Cケーブルをご提供いただいたので、レビュ

記事を読む

20000mAhでは最強のコスパを誇るモバイルバッテリーPoweradd「PilotX7」

随分前からモバイルバッテリーおじさんを自称しているハマコーですが、今回Poweradd社ご担当より

記事を読む

Macノート3種をどこでも充電!Mac充電に最強のMAXOAK社36000mAhモバイルバッテリーレビュー

現状、MacBook、MacBookAir、MacBookProを充電するには最強のモバイルバッテ

記事を読む

10ポート中2ポートでQC3.0対応のAukeyPA-T8で10台同時充電やってみた

見ての通り、ちゃんと10台充電できました。QC3.0の動作も確認できました。 もう、なにも言うこと

記事を読む

MacBookProとスマホ4台を同時充電可能!MAXOAK 50000mAhモバイルバッテリーレビュー

MAXOAK社より、おそらくモバイルバッテリーの最終形態といっても差し支えないと思われる、えげつな

記事を読む

AukeyのQuickCharge3.0対応の次世代超急速充電器【PA-T15】レビュー

Aukey社より、QualcommのQuick Charge 3.0に対応した、次世代、超急速充電

記事を読む

ANKERの【防弾ケブラー2重編込高耐久ナイロン】Lightningケーブルが最高品質で最終兵器

ケーブルやバッテリーでは、もう存在感日本一では?と思うぐらいのブランドにのし上がった、ANKER社

記事を読む

モバイルバッテリー世界最小最軽量!AnkerPowerCore10000レビュー

ハマコーさん。これ小さいっすよ。マジで。モバブおじさんのあなたもきっと気に入るはず[/speec

記事を読む

SIMフリーで7800mAhと大容量な変態モバイルバッテリーWi-FiルーターMF855レビュー

「モバイルバッテリーWi-Fiルーター?なんのこっちゃ?」 モバイルバッテリーも、モバイルWi-F

記事を読む

a8.net DMMmobile

adsense

ハマコー(@hamako9999
hamako9999

SIerでコンシューマ向けサービスの開発してます。ブログはAndroid成分多め。WordPressやガジェット少々。たまに子育てやランニングが混ざります。

お問い合わせはhamako9999.netについてよりお願いします。

PAGE TOP ↑