快調にいけた前半戦。2014信越五岳トレイル110キロ完走記(受付〜序盤編)

公開日: : 最終更新日:2016/03/30 running

2014-09-13 13_Fotor

「足を前に出し続ければ、ゴールに到達できるんだ(by ハマコー)」

去年、台風接近で早まった関門時刻に引っかかり92キロ地点で涙を飲んだ、信越五岳トレイル110キロ。今年は無事完走することができました。

正直、辛い辛い辛い、鼻から牛乳出るかと思うぐらい辛いレースだったけれど、今となっては、それも良い想い出・・・

そんなわけで、信越五岳トレイル110キロトレイルレース完走記、始まりますよ。

スポンサーリンク

信越五岳トレイル110キロレースって?

レース概要

公式ページはこちら。

SHINETSU FIVE MOUNTAINS TRAIL 110km

トレイルランナー石川弘樹氏がプロデュースした、信越五岳を結ぶ全長110kmの壮大なコース設定。その97%以上がトレイルであり、自然環境の脆弱な部分や急斜面等を使用しないことで、全行程が走れるコースレイアウト。

レースの特徴 - SHINETSU FIVE MOUNTAINS TRAIL 110kmより引用

 

高低差イメージはこんな感じ。同じ似たような100キロ超ウルトラトレイルの中では、優しいんだろうけれど、これでも累積獲得標高は4670メートルと、富士山を軽く超える。なんだ、変態じゃないか。

信越五岳トレイル110キロ高低差イメージ

 

去年の様子

去年も走ってます。涙の最終関門前アウトだった残念感が半端無く、今回のリベンジに掛けました。

最後まで走りきれなかった信越五岳トレイル110キロ2013(レース前日編)

最後まで走りきれなかった信越五岳トレイル110キロ2013(レース当日編)

 

レース前日

前日受付とスタート会場

このレースは、スタートが朝の5時30分で、制限時間22時間後のゴールが3時30分。なので、前後泊が必要になります。2泊3日とは贅沢な旅ですな。

長野新幹線で、東京から一路長野駅まで。その後は、今回のレースでもペーサーをお願いするコージー号で車で、斑尾高原のレストランハイジに到着。

気温がこの時期にしては非常に涼しく、明日は快晴予報とのこと。絶好中の絶好のコンディション。これで完走できなかったら嘘やろ〜。

ということで、やる気満々のゴール前。

2014信越五岳110キロトレイルレース

 

続々とランナー集結。いやぁ、トレイルレースは通常のマラソン大会と違って、アウトドア要素が強いからみんなのウェアも派手でみてて楽しい。カラフルでございます。

2014信越五岳110キロトレイルレース

 

今晩お世話になる、ペンションぶーわん。高原の雰囲気で、中の佇まいも良くて、良い宿でした。

2014信越五岳110キロトレイルレース

 

晩飯はバイキング

前日の晩飯は、スタート会場を貸し切り全員でのバイキング形式。明日110キロ走る集団がこれだけあつまると、バイキングは、それこそ鬼気迫る雰囲気。こんだけ人集まると・・・コワイわ!!

2014信越五岳110キロトレイルレース

 

人をかきわけかきわけ、晩飯ゲット。スーパードライもあるなんてやりますな!!

2014信越五岳110キロトレイルレース

 

量は十分あるので、腹八分目で終了なんてことにはならない。満腹になるまで食べるだけ食べて、飲めるだけ飲んで、この日はそそくさと宿に戻って明日の準備。ゼッケンを貼って、お祈りします。

2014信越五岳110キロトレイルレース

 

去年は未知の距離過ぎて緊張でよく眠れなかったけど、今年は去年の92キロ地点までいった経験があるので、全然眠れないなんてこともない。明日は3時起床なので、9時前には早々と就寝。

正直夏以降、思うように走る時間がとれなくて、8月の走行距離がなんと135キロ。少な!!110キロ走るって言うてるのに少なすぎやろ!!まぁ、しょうがない、なるようになるだろ。今更きにすんな。寝る。オレは寝るぞ。

 

レース当日、スタートまで

朝食は、前日の夕食と同じ場所で。しょぼく見えるけれど、こんだけ食べたら十二分にお腹いっぱい。ゆっくりお腹を壊さないように、よく噛んで食べる。もぐもぐ。

2014信越五岳110キロトレイルレース

 

スタートゲート前の様子。なんか、ぼーっとしてるオレ。

2014信越五岳110キロトレイルレース

 

この時の心境は、「まぁ、なるようになるだろ」ぐらい。もう今更、何をあがいても仕方ない。これから長い長い110キロの旅、もしかしたら地獄をみるかもしれない旅。開き直るしか無い。悟りを開いた気分で、5時30分、スタートの合図が鳴り響きました。

2014信越五岳110キロトレイルレース

 

「ほな!!いっちょ、かるく行ってきますわ!!」

 

序盤(スタート〜3A)

信越五岳トレイル110キロ高低差イメージ

 

スタート〜1A

1Aまではなだらかに登った後、ゆるやかーに林道を下っていくわけですが、この時点で気づいた。

 

「あかん、ハマちゃん。今日は調子悪いな。うん。ほいさ」

 

こんな林道をいくわけなんだけれど、序盤から全然ペースが上がらず。

2014信越五岳110キロトレイルレース

 

まぁ、なんせ110キロなんで、こんな序盤からゼェゼェ(*´Д`)ハァハァ、と飛ばすわけじゃないんだけれど、それにしても遅い。なんか、頭にうすーく靄がかかっているような感覚。うぅーん、おれ大丈夫か?

まぁ四の五の言ってても仕方ないので、歩を進める。途中、調子がイマイチと言っていた大学時代の友人にも会い、「大丈夫?去年より遅いんとちゃう?」と心配される始末。ウ~ン、焦るけれど、ここで焦っても仕方ない。この体調は受け入れて、以下に110キロ走ってゴールテープを切るか。それだけだ、と頭を切り替える。

空気が澄んでいるからか、景色は最高!!今日は、まさしく極上のコンディション。走っててこんな楽しいコースもそうそう無いと思う。

2014信越五岳110キロトレイルレース

 

そんなこんなでのんびり進んでいると、1Aのエイドに辿り着く。

2014信越五岳110キロトレイルレース

 

この大会は、ほんとエイドが充実していて助かる。水はもちろん、クエン酸飲料やバナナ等最初のエイドからして充実。

2014信越五岳110キロトレイルレース

 

救護体制も万全。ワセリン塗り忘れた友人をパシャリw

2014信越五岳110キロトレイルレース

 

1A〜2A

1Aからは斑尾山にむけた直登が始まる。いわゆるトレイルっぽいコースが始まるのはここから。こんな感じの直登をがっしがっしと登っていくわけでございます。まぁ、この序盤ではまだまだ元気なのでさくさくっと歩を進める。

2014信越五岳110キロトレイルレース

 

ひと通り登り切った後の斑尾山頂の景色の素晴らしさと言ったら、とんでもない!!これ、たまらんよ。まじで。

2014信越五岳110キロトレイルレース

遠くの山まで見渡すことができて、これから自分が走って行く先々まで見渡せるこの感覚。これがトレイルレース。これぞトレイルレース。山を走ることを本気で愛すのは、こういう瞬間があるからなんだよなぁ。都会のロード走っててもこんな瞬間は全くないからね。最高。

斑尾山頂からはゲレンデをそのまま急降下。

2014信越五岳110キロトレイルレース

 

ここのくだりを飛ばし過ぎると後半あきらかに足が終わってしまうので、らくーに慎重に下っていく。とばさないとばさない。あぁ、、、でも、気持ちいいなぁ。遠くまで見える極楽の感覚。

2014信越五岳110キロトレイルレース

 

さくさく下って、2A到着。補給補給っと。

2014信越五岳110キロトレイルレース

 

2A〜3A

袴岳まで、素晴らしすぎるトレイルを走っていく。こんなトレイル、東京近郊にはなかなか無いんだよなぁ。フッカフカのトレイルをさくさくーっと進んでいく。全編走れるトレイルレースというだけあって、コースが走りやすい。走ってて楽しい。

2014信越五岳トレイルレース110キロ

 

袴岳まで登った後は、なが~い林道を下っていく。およそ8キロ程。気持ちよかぁ。

2014信越五岳トレイルレース110キロ

 

ここのくだりも「飛ばすの厳禁!!」と、石川さんが言っていたのでリラックスして楽しんで進んでいく。走行しているうちに、3Aに到着。ここまででようやく、序盤終了。

2014信越五岳トレイルレース110キロ

 

エイドが超充実してて楽しい。温泉まんじゅうとコーラとレモンと。

2014信越五岳トレイルレース110キロ

 

ほんでこの、冷やしトマトが無茶苦茶ウマイ!!普段の生活でトマト丸かじりすることなんて無いべ?この状態だと全く気にならずに食いまくる。かすかな塩気が最高。

2014信越五岳トレイルレース110キロ

 

ペースがかなり揃っている友人にパシャリと撮ってもらう。

2014信越五岳トレイルレース110キロ

 

ここまでで、38キロ、ようやく序盤が終了したところ。なんでやねんという距離だけれど、ウルトラトレイルとはそういうもの。

この時、ハマコーは、この先に、あれほどの地獄が待っているとは知らなかったのであった。

中盤〜終盤〜ゴール編に続く。

肉体の限界近くをさまよった旅。2014信越五岳トレイル110キロ完走記(中盤〜終盤〜ゴール編)

 

 

PC-記事下-サブ(Amazon)


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • follow us in feedly

ブログ主について

ハマコー(@hamako9999
hamako9999
ブログとtwitterはAndroid成分多め。WordPressやガジェット少々。たまに子育てやランニングが混ざります。お問い合わせはhamako9999.netについてよりお願いします。

関連記事

ランニングには現状最適のBluetoothイヤホンQ11レビュー

いつものSoundPeats社より、ランニング・フィットネス仕様のBluetoothイヤホン「Q1

記事を読む

SoundPEATS社スポーツ仕様Bluetoothイヤホン「QY9」をランニングで使ってみた

継続的に製品提供レビューを受けまくっているSoundPEATS社より、またまた、Bluetoot

記事を読む

モバイルバッテリーで有名なECTechnology社のBluetoothイヤホンレビュー。その実力は?

モバイルバッテリーで有名な、EC Technology社より、「イヤホン販売してたっけ?」と、びっ

記事を読む

ランニングに最適な抜群のフィット感!SoundPEATSのBluetoothイヤホン「Q9」レビュー

近年、百花繚乱のBluetootheイヤホン界隈。特にランニング用途として、ケーブルの煩わしさか

記事を読む

肉体の限界近くをさまよった旅。2014信越五岳トレイル110キロ完走記(中盤〜終盤〜ゴール編)

「素晴らしい天候に恵まれ気持よく歩を進めた序盤。しかし、圧倒的に不足している走り込み距離のため、徐

記事を読む

夏に距離を稼ぐなら旅気分も味わえる帰宅ランがオススメ

去年完走を果たせなかった信越五岳トレイルレース110キロに、高倍率の抽選をくぐり抜け今年も参戦予定

記事を読む

山は心が癒やされる…高水三山走ってトレランの楽しさを再確認

先日、久しぶりに青梅方面の高水三山にトレイルランニングに行ってきました。 ハマコーは大のトレラ

記事を読む

アメリカンでアットホームな横田基地、フロストバイトロードレースのハーフに参加しました

久々にランニングネタ。自分の大好きなハーフマラソン、横田基地内開催の第33回フロストバイトレース

記事を読む

CropnetチームでTIPNESS駅伝に参加してきました

自分Cropnetというコンシューマ向けサービスの開発が主な仕事ですが、そのチームメンバーと、なんだ

記事を読む

自分がマラソンのエントリー方式「抽選」が嫌いなシンプルな理由

最近のマラソン大会のエントリー合戦の過酷さは半端ないですね。この前もつくばマラソンと青梅マラソン申込

記事を読む

a8.net DMMmobile

adsense

ハマコー(@hamako9999
hamako9999

SIerでコンシューマ向けサービスの開発してます。ブログはAndroid成分多め。WordPressやガジェット少々。たまに子育てやランニングが混ざります。

お問い合わせはhamako9999.netについてよりお願いします。

PAGE TOP ↑